保育士パート おすすめ保育士求人サイト

保育士パート求人サイト

パート保育士のメリット

パート保育士の働き方

保育士 パートの仕事内容・役割

投稿日:

パート保育士の仕事内容・役割

保育士は正社員の他にも、パート保育士として働く方法があります。

保育士は女性が多く活躍する仕事になるにもかかわらず、結婚や出産など家庭のことなどから正社員で働くのが難しくなっています。

このような中、子育て中でも働きやすいとパート勤務で働く方が増えてきています。
両立しやすい働き方を求めるのであれば、パート保育士の働き方がおすすめです。

ここでは、パート保育士としての仕事内容、役割などをご紹介します。

パート保育士の仕事内容

午前のみ保育士パートで働く
正社員保育士の仕事をサポートやカバーするために、パート保育士が注目されています。

保育施設の規模や設備などにもよりますが、保育士の仕事内容は0歳~5歳の保育を必要としている子どもの保育業務が中心です。

年齢ごとにクラス編成されていて、担任が決められていることがほとんどになります。

その担任は、正社員保育士が配属されパート保育士は「担任保育士のサポート」を担当し手が足りない部分を補うことが仕事内容になります。

パート保育士は、事務的な作業ではなく園児と室内や屋外で遊んだり、トイレや食事、着替えなどの補助をします。

担任のサポートで事務的な仕事があまりないので、子どもと接することが多いということがパート保育士の特徴と言えるでしょう。

子供立ちと向き合って保育を行えるので、正社員として事務作業の多さに嫌気がさした保育士さんが転職してパートに切り替えるケースもあります。

パート保育士の役割

パート保育士に期待される役割としては、共通して次のようなものがあります。

面接の際にこうした部分に関してもアピールできると、しっかり役割分担して働いてくれそう、という期待値を高め採用されやすくなる、といったことが出来るかもしれませんね。

クラス担任のサポート

パート保育士の大きな役割は、クラス担任のサポートになります。

クラスによっては担任が一人だったり、複数だったりします。

担任がお休みでも子供達は登園してきますので、担任不在のときに代わりの保育士が必要となります。

担任がお休みのときは、普段から保育補助に入っているパート保育士が担任にかわって保育を行うこともあります。

子供達とも普段からコミュニケーションが取れていますから、問題無く保育が出来ることもメリットです。

日常の保育や必要な時のサポート

パート保育士は、担任がお休みのとき以外にも遠足やイベントなど、スタッフの手がたくさん必要なときにも、クラスに入って保育のサポートをします。

クラス全体を進めていくのは担任ですが、遠足へ行った時にケガをした園児の手当をしたりなど担任だけでは手が届きにくい所をサポートするのが大切な役割です。

また、周りの子と一緒に行動するのが苦手だったり、マイペースにしていたい子、サポートが必要な子どもがクラスにいるときは、パート保育士が積極的にフォローすることもあります。

食事やトイレなどの生活習慣だけではなく、制作をしたり、集団でゲームや外遊びをするときにパート保育士がフォローすることで、スムーズにクラスに入ることができたり、子どもたちと関係を持つことができたり、担任の話しを聞くことができるようになります。

体調が悪くて外遊びができないなどの場合は、パート保育士が一緒に過ごしたりなど柔軟に対応するのもパート保育士の役割になります。

パート保育士の勤務形態

パート保育士として働く最大のメリットが、希望する時間帯に合わせた働き方ができるということです。

正社員保育士の場合、9時から18時で休憩時間を除く8時間勤務プラス見込み残業になり、朝から夕方まで勤務することがほとんどです。

週5日、1日のほとんどの時間保育園にいるということになります。

ですが、パート保育士の勤務形態は違ってきます。

早朝の預かり保育の時間帯のみ、早朝からお昼まで、夕方から保育園終了までなどの2~3時間のみ勤務という事も可能です。

自分自身の子育てのため、短時間しか働けないというママさん保育士の方も多いと思います。

パートであれば「自分の子供が学校に行っている間に働く」「家のことが終わった夕方から働く」など、都合に合わせた働き方ができるので、無理なく保育士としてお仕事を続けることができるのです。

働く時間を選択することができるので、今までよりも少ない負担で復職することができるのは最大のメリットと言えるでしょう。

もちろん、フルタイムのパート保育士として働くこともできます。

フルタイムで働くと、ガッツリ稼ぐことはできますが、短時間とフルタイムでは仕事の量はあきらかに違ってきますよね。

どのような働き方をしたいのか、どのように働くことが可能なのが、家族と話しながらシフトを決めることが大切です。

パート保育士の求人状況

保育業界では人手不足が問題になっている自治体が多くなっています。

全国的な問題にもなっていて、さまざまな対策は行われていますが、すぐに解決とはなかなかいきません。

また、保護者の働く環境や働く時間の多様化により、早朝・夜間・土日などの保育の需要が高まってきています。

長時間保育への対応は、正社員保育士だけでは対応するのは難しく、パート保育士のニーズが高くなっていると言えます。

保育士転職求人サイトを利用すると、保育資格を持っていてブランクがあるという保育士対象の研修会があったり、復職へ向けた相談、面接の練習、書類の書き方、求人の紹介などをしています。

子育ての経験があるからこそできることがある

パート保育士の仕事内容、勤務形態、求人状況などをご紹介しました。

保育士の仕事は、子育て経験を存分に生かすことができる仕事です。

子育てによるブランクを感じる必要はありません。

子育てを経験しているからこそ、保護者や子どもにより添うことができ、保育園から必要とされる存在として働くことができます。

経験を活かし、パート保育士として働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

パート保育士への復帰を考えている方の中には、保育士の資格を活かした仕事をしたいと思っている方もいると思います。

保育士資格を持っていると、保育園だけではなく児童福祉施設・企業内保育所・児童デイサービス・幼児教室・保育スペース・病児保育・ベビーシッターなどがあります。

それぞれパート保育士の求人がありますので、経験を活かすことが可能なお仕事ですよ。

-パート保育士の働き方
-,

Copyright© 保育士パート求人サイト , 2019 All Rights Reserved.