保育士パート おすすめ保育士求人サイト

保育士パート求人サイト

パート保育士の働きやすさ

パート保育士の働き方

保育士の復帰にパートがおすすめな理由

投稿日:

保育士 復帰 雇用形態はパートがおすすめ

保育士は、さまざまな働き方を選ぶことができます。
中でも注目されているのが、パート保育士です。

保育業界では、保育園を必要としている人達の働き方への対応をするために、早朝や夜間などの保育ニーズが広がってきているので、正社員だけでは対応することが難しくなってきています。
そのため多くの保育施設では、パートやアルバイト、非常勤などの非正社員の雇用を増やしています。

パート保育士の仕事は、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができ、仕事内容も正社員よりは選ぶことができるので復職したい保育士さんやブランク明けの保育士さんに人気がある働き方になっています。

保育士の復帰はパートがオススメの理由

パート保育士の働き方
保育士の仕事は、子どもの命を預かる大切な仕事なので、責任が重く職場環境も厳しいです。

女性が多い職場ですから、結婚や出産などで保育の仕事から一度離れてしまうと、前と同じような働き方をすることができないと復帰するのを諦める保育士も多くなっています。

ですがパート保育士として仕事復帰するのであれば、自分の生活スタイルに合わせた働き方ができるだけではなく、仕事内容も選びやすくなります。

仕事への責任は正社員もパートも同じですが、正社員とは仕事内容や拘束時間などが違うので負担やストレスを少なくすることができます。

時給制ですし、正社員と比べると給料は少なくはなりますが、働きやすさというメリットを手に入れることが出来ます。

保育士の資格を活かして働きたいけれど、育児や家事などのプライベートを充実させていきたいと考えている保育士には、パート保育士がオススメです。

パートから正社員へ登用制度がある保育園も

また、パートから正社員へステップアップできる保育園もあります。

正社員登用制度は、パートなどの非正規雇用から正社員になることができる制度のことです。

パート保育士として働き始めて何年かしてから、そろそろ正社員で働きませんか?と声をかけてもらうことができます。

お互いに働き方、仕事内容、状況なども分かっていますから納得の上であれば、新たに転職先の保育園を探すよりもスムーズに正社員となることが可能です。

もちろん、家庭との兼ね合いで断ることも可能です。

ご自身の子育てが落ち着いてから、正社員で働くことを目指しているのなら、正社員登用制度がある保育園を選んでください。

保育園側がパート保育士に期待すること

保育園側がパート保育士に期待していることは、保育士の人数が少ない時間帯の仕事になります。

早朝、夕方~の時間帯は保育士の配置が手薄になりがちなため、短時間であってもパート保育士を採用して働いて欲しい、という園は多いといえます。

そのため、朝、夕方の時間帯や土曜日などに勤務が可能だと、採用されやすくなりますね。

共働きの家庭が増えていることから、日中のお仕事を始め、早朝勤務や夜間勤務など様々な働き方がありますので、幅広い時間に対応できる保育が必要となっています。

たくさんある働き方に合わせられるように、保育園などの開園時間や閉園時間が長くなりがちです。

そのような中で、正社員の保育士だけで開園や閉園の準備や保育をするのは難しくなってきています。

そこで、保育士が不足している時間帯に部分的に働くことができるパート保育士のニーズが高まってきています。

パートのお仕事と聞くと、ご自身の子供がいない時間帯に柔軟に働くことができるというイメージがありませんか?

なので、日中の時間帯はパートの求人が集まりやすいのですが、朝や夕方は求人数に比べて応募者はすくないようです。

パート保育士の募集が多くて働きやすい時間帯は、朝や夕方の保育士の人数が足りていない時間帯ということを知っておくと求人を探しやすいでしょう。

職場の選び方、求人の探し方

パート保育士の求人を探す時に、どのようなポイントを見ると良いのでしょうか。

ポイント1・通勤時間や最寄駅

パート保育士として働くときの大きなポイントの1つが、通勤時間と最寄駅になります。

パートは、限られた時間内で働くお仕事になりますよね。

余裕を持った時間帯で働くためには、通勤時間はとても大切になってきます。

最近では、駅前や駅の近くに開園する保育園が増えているので、通勤しやすくなってきています。

ポイント2・求人の内容と自分の条件が合っているか

求人の内容と自分の希望条件が合っているか、必ず確認をしましょう。

保育園が早朝の募集をしているのに、昼間のシフトで働きたい保育士が面接をしても受かることはまずありません。

働けたとしても、トラブルになる可能性が高いと言えるでしょう。

また、希望条件が高く保育士求人と合うものがないということもあります。

求人を探しているときになかなか希望通りの求人が見つからない・・・というときには、条件を見直すことも考えなくてはいけないかもしれません。

ポイント3・面接や見学で保育園の雰囲気を確認しよう

求人を見て働きたい!と思った保育園でも、直接雰囲気を見ることが大切です。

理想としている保育ではなかったり、スタッフ同士の関係がギスギスしていたりなど、雰囲気が悪いと働きにくいですよね。

面接や見学のときに、自分の目で見て確かめましょう。

人材紹介会社を利用することで、見学の相談、日程調整などをお願いすることが出来ます。

希望条件に合ったパート保育士の求人を探そう!

たくさんあるパート保育士の求人を見ると、それぞれの特徴があるので、じっくりと検討して決めたいですよね。

保育園からのニーズが高い、早朝や夕方の求人や昼間の求人など保育園と働きたい保育士の考え方の違いがあります。

保育士不足と言われていますが、募集内容と求職者の希望条件がいつでも合っているとは限りません。

このような状況の中、パート保育士としてお仕事探しをスムーズに進めるには、何を1番の希望条件にするのか、希望条件の優先順位を決めて、柔軟に求人を探すことも大切かもしれません。

パート保育士 働き方のまとめ

保育士は慢性的に人材不足で、保育士のニーズは増え続けています。

そのような状況ですが、共働きが増えてきていることから、保育園には早朝から夜間まで様々な時間帯の保育が求められています。

正社員保育士だけで対応するのは難しく、パート保育士を求めている保育園がとても多くなっています。

パート保育士は、正社員よりも待遇などで不利なこともありますが、勤務日数・勤務時間・仕事内容などが保育園によって違うので自分の生活スタイルに合わせた働き方ができます。

特に結婚や出産で1度保育の仕事から離れた保育士は、資格を活かしてまた働くことができます。

また、保育園によっては将来正社員へステップアップできるのでパートの働き方がオススメです。

パート保育士として働きたい場合、働くための条件(曜日、時間帯など)がある方も多いと思います。

⇒ 保育士パート求人を探す際のオススメ保育士求人サイト

を利用することで、保育士さんが希望する条件で保育園を探すことが出来ます。

利用は無料ですから、活用されてみてはいかがでしょうか。

-パート保育士の働き方
-,

Copyright© 保育士パート求人サイト , 2019 All Rights Reserved.