保育士パート おすすめ保育士求人サイト

保育士パート求人サイト

両立しやすい保育士の働き方

パート保育士の働き方

保育士【パート・派遣】働き方の違いについて

投稿日:

保育士 パート・派遣 働き方の違い

正社員として働く以外で保育士として働く場合、雇用形態をどうするかで悩む方も多いと思います。我が家の今の状況だとパート、派遣、どちらの働き方が良いのかな・・・?どっちが両立しやすい働き方になるのかな?
パート保育士としての働き方、派遣保育士としての働き方
それぞれ、メリット・デメリットがあります。それぞれの特徴を抑えることで、より働きやすい雇用契約を選ぶことが出来ます。
パート・派遣とどちらの採用ニーズも高いですから、メリット・デメリットを抑え希望の働き方ができる保育園などをお探しになってみてください。

パート・派遣、働きやすい方を選んで保育士として働けます

保育士資格を持っている方で、そろそろパートで働きたいなと思っているのなら、頑張って取得した保育士の資格を活かしてパートで働ける保育士のお仕事をしてみませんか?

保育士の求人は、一般的な保育園やベビーシッター、乳児園、院内保育など、今は短時間しか働けなくても様々な選択肢があります。

働き方も様々で、正社員・パート・アルバイト・派遣などの雇用形態から選ぶことができます。

保育士として働くときや転職を考えている場合、パートや派遣で働くか、正社員として働くか迷っているとい人も多いと思います。

正社員、パート、派遣の違い

一般的な話しになりますが、正社員とパートや派遣の違いは、責任の重要性、勤務時間、給料、福利厚生などがありますよね。

  • パート保育士としての働き方
  • 派遣保育士としての働き方

どのように違うのか知っておくことで、あなたに合った働き方をすることができます。

保育士の仕事、家庭、両立しやすい働き方をしたい場合

お子さんがいるママさん保育士の方は、幼稚園や小学校、それに習い事などの時間も考えながら勤務時間を考えたい、という方も多いのではないでしょうか。

仕事も大切だけれど、家族の時間も大切、子供のことを優先しながら働きたい。

そうした場合には、正社員として以前のように働くのは難しいかな・・・というママさん保育士は多いのでは、と思います。

給料や福利厚生が安定して、社会的な評価が高いとされているのは正社員になります。

ですが最近では、あえて正社員以外のパートや派遣での働き方を選ぶ人も増えてきているようです。

人材紹介会社や派遣会社には、両立しやすい働き方を希望して登録される保育士さんも多いんですね。

ここでは、パートと派遣の働き方の違いについてまとめました。

これから、保育士の仕事に復帰を考えている方、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

保育士 パート・派遣 働き方の違い

保育士のお仕事は、国家資格が必要で保育のエキスパートとして特殊な仕事と言えます。

保育士資格があれば、パートでも派遣でも同じ仕事をすることができます。

子どもを保育する、保護者から任せられているので、どちらも対等な立場になります。

では、パートと派遣の違いはどこにあるのでしょうか。

パートと派遣の違い「雇用主が違う」

保育士として働く際、パート派遣の大きな違いはなんでしょうか。

まず、雇用主が違うということが挙げられます。

パートで働く場合は、保育園に直接雇用されている働き方になります。

保育園からの求人へ応募をして、就職試験や面接を受けたのち合格をすると、保育園と直接雇用契約を結んでほとんどの場合、契約期間のない勤務が可能となります。

長期で働きたい場合には、パートを選んで求人に応募することが必要です。

パートで働く場合、だいたいの場合は時給制となります。

派遣で働く場合の雇用先は、派遣会社になります。

派遣会社が雇用主となり、希望する勤務場所や勤務時間などを伝えると、あなたの条件に合った勤務先を紹介してもらうことができます。

契約期間は派遣法で定められている3年以内、3年以内に他の保育施設を紹介されて派遣として働くことができます。

それ以上は同一の職場では派遣として働き続けることが出来ませんから、派遣は期間限定で働きたい保育士さん、色々な職場で働いて経験を積みたい、といった希望を持つ保育士さんに向いている働き方となります。

給料はパート・派遣、どちらが高い?

パートの給料は、時給制ということが多いようです。

働く場所や資格の有無にもよりますが、時給900円~1,200円程度です。

最低賃金と同じ時給の保育園もありますし、高い技術を持っている保育士には高い時給を払っている保育園もあります。

派遣の給料も時給制となります。

派遣の働き方でも、地域や資格の有無などで変わってきますが時給1,000円~1,500円程度のことが多いようです。

ボーナスの支給はないということが多いので、年収は低めになることもあります。
しかし以前、正社員であっても低い給与で働いていた場合には、派遣保育士になってからの方が月収が高くなった、というケースもあります。

派遣保育士の場合には高時給で働けると、かなり月収が変わってきますからね。

交通費などは多くの場合支給されますが、月の交通費支給額に上限がある派遣会社もあります。
契約する時に確認をするようにしましょう。

パートや派遣保育士は残業、持ち帰り仕事はある?

パートや派遣だからと言って残業や持ち帰りの仕事が全くない!というわけではありません。

ただ、ほとんどの園ではパートの保育士さんは持ち帰り仕事なし、残業なしで働けています。
パートさんにそうした業務が発生するのは、よほど人手不足が深刻か、ブラック保育園であるといえそうです。

派遣の場合には契約上問題になると思われますので、もしそうした状況になってしまっているのであれば早めに派遣会社の担当者に相談されることをおすすめします。

パートや派遣の保育士が担当するのは基本的に保育補助です。

職場によってはパートでも担任を依頼されることがあります。
責任や負担が多くなるのではなく、補助やフリーという仕事内容になることが多いので、業務量も正社員と比べると少なめになります。

もしも残業になったら・・・派遣の場合は、派遣会社から残業をした分のお給料をもらうことができます。

パートの場合は、直接雇用の保育園から支払われることになります。

パートの働き方が向いている保育士さん

保育士の仕事をパートで働くメリットは、長く同じ場所で働けるということです。

パートは直接雇用隣、契約期間が決められていないので、場所や人間関係を築きやすかったり、子ども達の成長を長く見守ることができます。

パート保育士の最大のメリットは、シフトを自由に選ぶことができるということでしょう。

あなたの生活スタイルによって、勤務日数・短時間からフルタイムまで幅広く選ぶことができます。
(ただしどの程度、勤務に関して融通が利くかは面接の際に確認されることをおすすめします)

お子さんが小さい時は、週数回の短時間パートから始めて、子育てが落ち着いたらフルタイムでの勤務をするなどできますよね。

保育士のブランクがあっても、育児経験があることでその後の保育に活かすことができますから、魅力ある働き方になります。

パート保育士は担任になることが少なく、日案・週案・月案などの事務作業も正社員に比べて少なくなっています。

子どもと関わる仕事が中心になるので、子どもが好きで保育士の資格を持っている方はベストなのではないでしょうか。

派遣の働き方が向いている保育士さん

保育士の仕事を派遣で働くメリットは、契約時に決められた勤務時間内を越えた勤務がないということになります。

基本的に残業はなく、持ち帰りの仕事もないと考えてよいでしょう。

そのため、両立しやすい働き方といえます。

事務作業や行事計画など、派遣保育士が中心とならない場合がほとんどなので、子どもの保育へじっくりと関わることができます。

働き方も、あなたのライフスタイルに合わせて選択することができます。

希望場所、時間、給料などあなたの希望を派遣会社に伝えることで、条件に合った保育園を探し出してくれるので、固定の曜日や時間などで働きたいなど、あなたの働く条件に合わせた勤務ができます。

ですが、あまり細かく条件を揃えてしまうと、勤務する場所が限定されてきてしまいますので気をつけましょう。

保育士として働くときに、直接雇用と派遣の2つの働き方はどちらにもメリットはあります。

あなたがどのように働きたいか、どのような勤務条件を希望しているのか、保育士として将来どのようになっていたいのか、どのくらいの収入を目指すのかということを考え、働き方を選んでくださいね。

-パート保育士の働き方
-

Copyright© 保育士パート求人サイト , 2019 All Rights Reserved.