保育士パート おすすめ保育士求人サイト

保育士パート求人サイト

両立しやすい保育士の働き方

保育士の面接

パート保育士の面接対策

投稿日:

パート保育士 面接対策

就職活動中における最大難関とも言える、面接。
面接ではパート保育士として働きたい!と熱意をアピールしたいですよね。

ですが、練習不足でスムーズに話せなかったり、きちんとしていたつもりでもマナーがなっていなかったり・・・なんて方も少なくないのが現実です。

保育士は、とにかく人と接することが仕事になります。
保育中は子供と、園内では他のスタッフと、子どもの送り迎えときには保護者、お散歩や公園などで遊ぶときには近隣の方たちと接する事になります。

接客業よりも人と関わりを持つことが多く、保育士の態度や話し方などの振る舞いで保育園のイメージが作られていくと言っても過言ではありません。
ですから保育士の面接では、人柄を見られているという意識を持ちましょう。

保育士の面接、第一印象が命!

パート保育士は、正社員のサポートや保育士の人数が足りていない時間帯のサポートをしてもらう大切なポジションとなります。

保育園は多くの人が出入りするので、第一印象を重要視しています。

・ヘアスタイル
髪の色は、黒、自然な茶色。

ロングの場合は、まとめておきましょう。

メイクは、ナチュラルメイクです。

・服装
基本的にスーツを着用し、清潔感のある服装を心がけましょう。

スカートは膝丈くらいで、短すぎることがないようにしましょう。

ジャケット、スカート、シャツにシワやシミがないこともチェックです。

職場から直接向かう時でも、せめてジャケットを着用するようにしましょう。

私服で面接に行くのは絶対にやめておきましょう!

スーツはパンツでもスカートでもどちらでもOKです。

スーツを着る時には、ブラウスやストッキング、パンプスなど全身コーディネートをして面接に臨みましょう。

・靴、かばん
靴は黒や茶色が基本。

かばんも落ち着いた色のシンプルな形を選びましょう。

面接中に足元に立てておける自立タイプでA4サイズの書類が入るサイズがベストです。

パートであっても面接の服装や髪形などは、合否を左右させる大切な要素になります。

自分ではちょっとしたことと思っていても、気の緩みを見て人間性を判断されてしまうので、面接に向けて準備は必ずしておきましょう。

パート保育士の面接は人物重視

パート保育士はのお仕事は、保育の他に、清掃や保育園の環境を整えることなどを担当することになります。

簡単な仕事だからこそ、まじめに一生懸命取り組むことができるかということを面接で確認されます。

なので、保育士経験よりも人物重視と思っておきましょう。

最後までやり抜くことができる人
物事に対して真面目に取り組むことができる人
協調性がある人

これらの要素を見られるからこそ、服装で判断されると残念になってしまいます。

面接時間は、10分から30分程度と考えておきましょう。

この時間で、自分のアピールをするのですから、服装や外見を整えることは大切なのです。

「実務経験が豊富で即戦力になる」という場合でも、カジュアルな服装やだらしない髪型などが原因でマイナスになることもあるので注意しましょう。

面接対策を受けよう!

新卒なら、まだ学生だから・・・と多めに見てもらえるようなことでも、再就職を望んでいる既卒者であれば社会人を経験しているのですから、認められないということがあります。

遅刻しない!携帯電話の電源オフ!姿勢よく!ハキハキと話す!、これは社会人としての最低限のことです。

不安があるのなら、面接対策をうけましょう。
保育士に特化した人材紹介会社を利用することで、実際の面接に即した模擬面接なども行ってもらうことが出来ます。

パートの面接と言っても自分のことですから、とても緊張しますよね。

また、ブランクが明けの面接ならなおさらですよね。

いつものあなたを、面接で出せたら採用されるかもしれません。

気をつけたいのは、服装や話し方で判断されないようにすること!

けれど、自分でどこを注意したら良いのわからないということは多いと思います。

面接を受けるのに不安があるのなら、保育士の転職を専門にした転職求人サイトを利用しましょう。

転職じゃなくて、パートで働ける求人を探しているんだけど・・・という場合でも大丈夫です!

保育士は人材不足で、求められている職業となります。

働き方が多様化されていて、求人も多いことから、自分に合う場所をなかなか探し出せないということも。

需要がある職業だからこそ、プロの手を借りて面接の練習をし、あなたに合った保育園を見つけましょう。

転職求人サイトは、完全に無料で利用することができます。

求人の紹介だけではなく、履歴書の書き方や面接の練習や対策などもしてくれます。

求人探しを相談しながら進めることができる、転職求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

逆質問「何か質問はありませんか?」と聞かれたら、どうする?

面接の最後に、逆質問があります。

「何か質問はありませんか?」

大体の面接で聞かれると思います。

この時、「特に何もありません」で終わってしまうと、あまり良い印象を残すことは出来ませんね。

本当に働きたいと思っている保育園であれば、全く質問が無いというのはとても消極的に思えてしまうものです。

多くの保育園は公式サイトを持っており、保育士の採用情報を掲載していることも少なくありません。

質問する場合、採用ページを見れば分かるような情報ではなく、

・実際に働くことを考えた場合に気になること

を質問するしたいものです。

そうすることで、具体的に就職して働くことをしっかり想定しているということも伝わります。

最後に質問をしっかりとすることで、本当に働くことに興味がある、と伝えることが大切となります。

面接対策は口に出して練習をしよう!

面接の練習をするときは、話したいと思っていることを紙に書き出しだり、おおまかな内容を頭で考えてみましょう。

それから、「声に出して練習する」ということが大切です。

頭で考えているときは、スラスラと言葉が出てきていても、いざ口に出してみるとまとめて話すことができなかったり、言葉が出てこなかったりすることもあります。

いつも簡単に出てきている言葉でも、緊張した場面では思わず出てこないこともあるので、声に出して練習するということを必ずしておきましょうね。

面接を成功させよう!

好きな保育士の仕事へ復帰するために、準備をして面接を受けるようにしましょう。

面接の時に、どこからどこまで詳しく話せばいいのかわからなくなってしまいますよね。

建前を言ってもボロが出て失敗しそうだし、本当のことをどこまで話していいのやら・・・。

頭で考えていても、当日スムーズに受け答えできるとは限りませんので、面接の練習はとても大切です。

どれだけ対策や練習をしたかによって、合否も変わってきてしまいます。

パートであっても面接は大切です。

面接対策をしっかりとされて、採用の連絡をもらえるようぜひ頑張ってくださいね。

-保育士の面接
-

Copyright© 保育士パート求人サイト , 2019 All Rights Reserved.