保育士パート おすすめ保育士求人サイト

保育士パート求人サイト

保育士パート求人を探す際のオススメ保育士求人サイト

保育士として働く場合、パートで働くといった選択肢もあります。
保育士さんがパートで働く際のメリット・デメリット、そして実際に保育士パート求人を探したい場合に情報量が多く、サポートも手厚いおすすめの保育士求人サイトをご紹介しています。

子供が幼稚園、学校に通っている間の時間帯だけ働きたい。
扶養内で週3日程度で無理なく復帰したい。
子供が好きなので、業務負担が少ないパート保育士として働きたい。

様々な理由からパート勤務を希望されている保育士さんがいらっしゃると思います。
保育士パート求人を探す際のオススメ保育士求人サイトをご紹介いたします。

保育士パート求人に強い、おすすめ保育士求人サイト

保育士バンク(ネクストビート)

パート保育士求人も含め、保育士求人数、業界最大級!
保育士さんの多くが利用している保育士バンクです。

利用者満足度が高く、コンサルタントのサポートも手厚いと口コミでも定評があります。

北海道から沖縄まで。
非常に豊富な保育士求人から希望の雇用形態で職場探しをすることが出来ます。

保育園、認可保育園、小規模保育、認定こども園、学童保育、放課後等デイサービス、病院内保育、託児所など施設形態からも探しやすいのがポイントです。

保育士バンクは業界トップクラスの求人数、多数の職場の提案をしてもらうことが出来ます。

⇒ 保育士バンク 詳細はこちら

保育ひろば(ネオキャリア)

「保育ひろば」も豊富な求人数から複数の求人を提案してもらいやすいです。

保育ひろばのコンサルタントの行動力の速さ、サポートの手厚さなど、口コミでも評価が高いものが多いですね。

拠点数も多く全国対応なのもポイントです。

全国に拠点数が非常に多く、各エリアの保育施設に関しての情報も充実しています。

スピード感のある就職・転職支援が強みです。
早く職場を決めたい、という保育士さんにもおすすめです。

⇒ 保育ひろば

保育情報どっとこむ(アスカ)

アスカが運営する保育士求人に特化した求人サイト「保育情報どっとこむ」です。

派遣保育士求人に強いことも特徴ですが、パート・アルバイト求人も豊富です。

求人数が業界トップクラスともいえる規模のため、パート希望で登録される保育士さんも多いようです。

パートも派遣も働き方にメリットがありますから、迷われいてる場合には「保育情報どっとこむ」に相談し、求人を比較してみることもおすすめです。

全国の主要都市に拠点があり、全国対応となります。

パート、派遣の保育士求人も多く掲載されています。

そのため、ご家庭の状況に合わせてより働きやすい雇用形態で探すことも可能です。
プライベートやご家庭との両立をしながら働きたい、といった場合の職場探しにもオススメです。

⇒ 保育情報どっとこむ

ジョブメドレー 保育士(メドレー)

全国の保育士求人を掲載している「ジョブメドレー保育士」です。

ジョブメドレーは自分のペースで求人情報を調べることが出来ます。
自分で希望条件、希望施設の保育士求人を探して応募するタイプの求人サイトになりますので、気楽に利用出来るのではないでしょうか。

スカウトメール機能もあります。
ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

自分のペースで転職先、復職先をお探しになりたい場合にオススメです。

東京や大阪、名古屋といった都市部の保育士求人も充実していますが、地方の保育士求人も豊富な事も特徴です。

⇒ ジョブメドレー 保育士

パート保育士の働き方

パート保育士の働き方は短時間から働くことが出来るため、時間を有効に活用して働きたい保育士さんにメリットの大きい働き方です。

子供が大きくなり幼稚園に通うようになったので、子供が幼稚園の間だけパートで保育士として復帰したいな、というママ保育士の方も多いと思います。

  • 週3日~4日勤務OK
  • 1日4時間~応相談
  • 扶養内パートOK
  • 土日休み
  • 土日祝日のみ勤務OK

など、様々な勤務条件で探すことが出来ます。

求人票に書かれている以外の条件であっても、人材紹介会社などを介して交渉する価値はあります。

パートも含めて人手不足の保育園など保育施設も多いため、勤務条件に関して相談可能なケースは多いと言えます。

パート保育士の主な仕事内容は、正職員の保育士の補助となります。
もちろん園によって求められる仕事内容、役割も異なってきますから求人へ応募する際にはしっかりと確認をされることをおすすめします。

パート保育士の仕事内容・役割

パート保育士の仕事は主に正職員として働く保育士の補助です。

担任として書き物仕事も含めて忙しい正職員の保育士をサポートする形で保育を補助していくことになります。

クラスには様々な子供達がいますから、集団行動が苦手な子や、うまく遊びが出来ない子など、そうした子達を上手くフォローしていくことも補助の役割となってきますね。

より広く目を届かせることも大切といえるでしょう。

そうしたことができるベテラン保育士のパートさんは、活躍が期待されることも多いようです。

経験が浅い保育士、無資格の保育補助スタッフのサポート

保育園などによっては無資格の補助スタッフがいたり、正職員の保育士が新卒や未経験といった場合もありますから、そちらのサポートに関しても役割を果たすことを期待されるケースもあります。

特に新設保育園の場合、経験豊富でスタッフを引っ張れる正職員の保育士が不足しているケースもあり、パート保育士ながら期待されることも少なくありません。

パート保育士は事務仕事が少なく、業務負担が少ない

パートは基本的に書類作成などの仕事が少ないことから、もっと子供達と向き合って保育をしたい、といった保育士さんにも最適な働き方です。

パート保育士は通常、正職員の保育士よりも書類作成などの事務仕事が少ないです。
ほぼ無し、といった職場も多いでしょう。

そのため、子供達と遊ぶ時間がメインとなります。

正職員の時には子供達としっかり向き合って保育が出来なかった、という想いから事務仕事が無いパートでしっかり子供達に関わりたいと、パートの雇用形態を選んでお仕事に応募される保育士さんもいらっしゃいます。

パート保育士の時給・給与

パート保育士の時給・給与ですが、東京都でみていくと時給として、

時給1,100円~1,300円前後

で見つかることが多いです。

高時給の求人となれば時給1,500円くらいまで、見つかる事もあります。
さすがにこの位まで高い時給となると非常に希少と言えます。

もし高時給で働くことが出来るパート先をお探しであれば、通勤可能なエリアを広めにとって探してもらってください。

保育園の経営状態や補助の状況にもよるでしょうけれど、通勤が少し不便で保育士が集まりにくい施設は保育士確保のために高時給、高給与で募集を行うケースは多い傾向はあります。

保育士がパートで働くメリット

保育士がパートで働くメリットも色々あります。

パートで働く場合には、

「午前中だけ、短時間のパートで働きたい」

「扶養控除内で働きたいので、週に2,3日だけパートOKの保育園を探したい」

「子供の幼稚園のお迎えまでに終わるように、3,4時間だけパートで働きたい」

といったように働き方に対して時間的な制約があったりする保育士さんも多いと思います。

子供が幼稚園に入園した、子供が小学校に入学した、といったタイミングでパートで復帰される保育士さんも多いですね。

時間を有効に活用して働きたい、短時間でも働きたいという保育士さんにパート保育士の働き方はおすすめです。

ご自身の子育て経験を活かすことも出来ますし、頼られる存在として仕事にやり甲斐も感じられるのではないでしょうか。

正社員とは異なり、パートであれば保育士資格を取得したばかり、未経験の方でも採用されやすいというメリットもあります。

勤務する保育園や託児所など職場にもよりますが、勤務時間に関して融通が利きやすい職場も多いため家庭と両立したい、プライベートの時間も大切にしながら働きたい、といった場合にもおすすめの働き方となります。

正職員の働き方は負担が大きくなりがちですからね。

パートであれば書き物の仕事もほとんどありません。
そうしたことも、パート保育士としての働き方を選ぶ理由になっている方もいるでしょう。

今、パート保育士としての働き方を選ばれる方は増えています。

保育士がパートで働くデメリット

保育士がパートで働く時のデメリットですが、時給の低さは挙げられるでしょう。

また、仕事内容も正職員の保育士補助が中心となりますので、次第にもっとやり甲斐のある仕事をしたいといった気持ちが出てくるかもしれません。

また、勤務する保育園によっては担任の保育士の経験が浅く、パート保育士の方が経験豊富で指導する立ち場になったり、担任をして欲しいとお願いされるケースもあります。

しかし責任ある立場になるのが困る方も実際いるでしょう。

それと同様に、当初の希望した働き方から少しずつシフトが増えてしまったり、勤務時間が延びてしまったりといったことも考えられます。

全ての職場がそうではありませんが、パートで働く場合には環境によっては雇用の不安定さから働き方を変えなければならない、といったデメリットも考えられます。

パート保育士の求人事情について

保育現場は人手不足が深刻な状況が続いている上に、早朝保育、夜間保育の希望も多く、土日保育を希望する声もあり短時間でも働けるパート保育士を採用することでニーズに応える動きがあります。

正社員だけで対応することは人材確保の面、コスト面からも難しく短時間で働くパート保育士の活躍無くしては成り立たないといっても良いかもしれません。

保育時間の長時間化という問題も指摘されていますが、ニーズに応えるためにもパート保育士を積極的に採用している保育園や病院内託児所などは多いといえます。

中でも子育て経験を経て復帰するママ保育士は、とても頼れる存在です。

正職員の若い保育士からも頼れる存在として、そして保護者からの子育て相談も受けられる存在としての活躍が期待されています。

40代、50代の保育士さんも活躍されています。

パート保育士の求人数も現状、都市部を中心に各エリアで豊富に見つけることが出来ます。

希望条件で働くことが出来る保育施設がきっと見つかるのではないでしょうか。

非公開求人が多数!保育士に特化した保育士求人サイトの利用がおすすめ

好条件、希望の条件でパート保育士求人を探すには、保育士に特化した求人サイトの活用がおすすめです。

非公開求人も多数あるところをピックアップしてご紹介しています。

利用も一つに限らず、複数の保育士求人サイトを活用することでより多くの求人情報を得ることが出来ますので、希望の職場が見つかりやすくなるでしょう。

専任のコンサルタントやキャリアコーディネーターが付いて、希望条件に合った保育園や保育施設を探してくれますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 保育士バンク

⇒ 保育ひろば

⇒ 保育情報どっとこむ

などの保育士に特化した保育士求人サイトの活用をおすすめしています。

派遣として働きたい方へ、保育士関連サイト

保育士派遣会社、派遣保育士の働き方に関連した情報は、

保育士派遣会社ランキング

にて掲載しています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。

Copyright© 保育士パート求人サイト , 2019 All Rights Reserved.